永代供養墓に税金はかかる?

永代供養墓に税金はかかる?

永代供養墓に税金はかかる? 永代供養墓を利用しても、固定資産税はかかりません。その他、相続税や消費税など一切の税金が例外なく不要です。
必要な費用は、まず永代にわたって供養を行ってもらう永代供養料と、そして納骨法要の際に僧侶に包むお布施です。その他、刻字料といって、納骨者名を彫る場合は別途費用が発生します。また戒名を希望する場合にも、追加料金となることが多いです。さらに生前申し込みで夫婦が一緒に手続きをする場合は、一人で契約する場合より割引を行う寺院もあります。施設によっては、年会費や入檀料などが必要になることもあるため、事前に契約書をしっかり読んでおくことが大切です。
永代供養墓にかかる合計金額は施設によりますが、初めから合祀にする場合が最も安くて、10万円以下ですみます。しかし条件次第で、100万円以上の出費となるケースもあります。平均的な形式で、遺骨を一定期間だけ安置するタイプなら、30万円から50万円が相場です。

屋外型の永代供養墓の利便性

屋外型の永代供養墓の利便性 屋外型の永代供養墓の利便性は高いです。
まず、気軽にお墓参りができます。供養自体も管理主体が代行して行ってくれるので、遠方に住んでいてい親族がなかなかお墓参りに行くことができないという場合でも、きちんと供養がされるため安心です。
屋外型にもいくつかの種類があります。一つは合祀型で、骨壺をあけてしまい、他の人と合祀されるタイプです。他は、骨壺を納骨等に収めるモニュメントタイプ、個別に団になっているところに骨壺を納めるタイプ、通常と同じように個別の墓石を建てるタイプなどがあります。
いずれも永代供養なので代わりに供養してもらうことができるので、定期的に法要に参加しなくても良いという利便性がありますが、好みによってどれが良いかは異なりますので、よく検討をしたうえで利用する永代供養墓を選ぶようにしましょう。最近はパンフレットやホームページなども充実しているため、事前に詳細な検討をすることは容易となっています。