永代供養墓ってなに?

永代供養墓でも戒名はつく?

永代供養墓でも戒名はつく? 永代供養墓でも戒名はつくかどうかは、運営主体によって異なります。
そもそも、すでに戒名を持っている場合はつける必要がありません。ない場合でも、檀家となってお寺の方に勧められた場合はつけた方が良いこともあります。
その他、オプションで料金を支払うことでお坊さんに着けてもらうことができる永代供養墓もあります。
これらの取り扱いについては、永代供養墓を運営するところによってかなり異なります。決して一定の取り扱いが行われているわけではありません。
したがって、疑問点があるのであれば、事前によく確認するようにしましょう。
管理者に問い合わせれば教えてもらうことができますし、最近はホームページやパンフレットが充実しているため、それを見ることで情報を集めることが可能です。
また、供養の仕方については、家族でよく話し合った方が良いでしょう。
特に、自分の入るお墓のことを考えているのであれば、遺族の気持ちにも配慮する必要があるからです。

東京近郊で永代供養墓を選ぶポイント!

東京近郊で永代供養墓を選ぶポイント! 永代供養とは、遠方であるなどの理由でお墓参りに行けない人や実際にお墓参りをする人がいなくなったお墓を、未来永劫にわたり寺院や霊園が供養と管理をしてくれることを言います。
一般的には他の人と一緒あるいは同じ納骨室に安置されることから、集合墓や合同墓とも呼ばれています。
東京のような都心部では、新たにお墓を購入するのにも費用や場所を探す面で苦労します。その点永代供養であればその心配はありません。
宗旨や宗派が問わないことがほとんどで、霊園によくある管理料もかからないことが多く将来にわたる費用の面での心配がなくなるのも支持される理由でしょう。
選ぶポイントとしては、交通アクセスの良さがまず挙げられるでしょう。
いくら永代供養だからといって亡くなった人の子や孫などがいる間は、お参り出来るためにも便利な場所にあることが大事です。
また永久にわたって供養してもらうのですから、信頼できる寺院や霊園を選ぶことも大切です。
東京のような大都会では様々な理由で今後益々永代供養を選ぶ人が増えるでしょう。