永代供養墓ってなに?

近年永代供養墓が注目されている理由とは?

近年永代供養墓が注目されている理由とは? 永代供養墓が注目され始めているのは、やはり子や孫たちに迷惑をかけたくないという気持ちからだと思われます。
昔は大家族で暮らし、親戚も、お墓のある同じ地域に一生住んでいることが多かったので、代々お墓を守っていくことが出来ました。
しかし今は、同じ地域に一生住むかどうかわからない時代です。後継ぎの方の住むところがお墓から離れてしまうと、お参りになかなか行けません。
そのためにお墓の引っ越しをしようとしても、一からお墓を探し、書類を揃え、手続きをする苦労もあります。
また費用も結構かかりますので、跡を継がなければいけない人は大変です。
永代供養墓でしたら、永遠に読経をしていただけますし、お墓も管理して頂けるので、後継ぎが遠くに住むことになってなかなかお参り行けない場合も、また後継ぎがいらっしゃらない方も安心です。
子孫に精神的にも費用的にも迷惑をかけたくないと思われる方が永代供養を望んでいらっしゃるのではないでしょうか。

一般のお墓と永代供養墓の価格の違いとは?

一般のお墓と永代供養墓の価格の違いとは? まず一般のお墓の価格ですが、お墓の土地代と墓石代がかかります。
土地代はその場所によっても差がありますし、お墓の土地は広いわけではありませんのでそんなに高いお値段ではありません。
ただ墓石は、土地代と比べるとかなり高いです。これも石の種類や採掘地によっても値段の差があります。
この2つを合計したものがお墓の値段になります。場所にもよりますが普通のお墓で60万円前後ぐらいかかります。
永代供養墓は合同墓でしたら10万円前後ぐらいからあります。納骨堂の形のものでしたら30万ぐらいから上は果てしなくかかるといったところでしょうか。
また数は少ないですが、永代供養の個人墓でしたら土地と墓石の合計で120万円前後ぐらいからあります。
永代供養墓に関しては、様々な種類があり、それによって値段が違います。基本合同墓ですので、価格的には安いです。
しかし永代供養の個人墓については、お値段は高いです。一般のお墓でしたら60万円前後ですが、同じ大きさや形でも永代になると120万円になります。
しかし、一般のお墓は永遠に管理費が必要ですし、いずれ墓じまいもしなければならないかもしれません。その費用などを考えるどちらが高くて、安いのか、簡単には決めることができません。
このように、この2種類の墓の価格の違いは様々な条件によって違うので、迷われている方は自分がどのようにしたいのか、よく考えてお墓を決めて下さい。